銀行ローンカードの特徴とメリットについて

銀行ローンカードとは、各銀行が発行しているお金を借りることのできるカードのことです。オリックス銀行カードローンや、三菱東京UFJ銀行のバンクイック、楽天銀行のスーパーローン、東京スター銀行のりかえローンなど多くの銀行でローンカードを発行しています。ここでは、銀行ローンカードの特徴、メリット、デメリットについてご紹介します。

1.総量規制の対象外である

銀行系のカードローンの特徴として、まず「総量規制の対象にならない」という点が挙げられます。
総量規制とは、貸金業法で定められたもので、「個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される仕組み」のことをいいます。これによって、以前は消費者金融などでお金を借りることができた専業主婦など収入を得ていない人が、お金を借りることができなくなりました。

しかし、銀行は貸金業に含まれないため、銀行のローンカードであれば、配偶者に一定の収入があれば専業主婦であってもお金を借りることができるのです。

2.限度額が高めに設定されている

銀行のローンカードは上で述べたように総量規制の対象外であるため、限度額が消費者金融のローンカードに比べて高めに設定されているのも特徴です。大きな金額を借りたいという方におすすめといえますね。

2.低金利である

銀行のローンカードは、消費者金融のローンに比べ、低金利で利用できる点も魅力です。そのため、多額を借り入れたい時、長期間借り入れたい時には銀行カードローンがおすすめですよ。

3.審査が厳しく、時間がかかりがち

銀行ローンカードは低金利などメリットもありますが、デメリットもあります。消費者金融系のローンに比べると審査に厳しく、また融資まで時間がかかるという点です。即日で融資を受けられる銀行ローンカードもありますが、今すぐお金を借りたい!という方には、銀行ローンカードよりも消費者金融会社のローンをおすすめします。

【参考】
価格.com-銀行カードローン-カードローン比較
総量規制とは
お金 借りる

ローンカードの審査で申込ブラックにならないための対策

急な出費の際に頼りになるキャッシング専用のローンカード。

今すぐお金が必要なのに審査に通らなかった場合どうしていますか。

別の金融会社のローンカードなら審査に通るかもしれないと期待して、立て続けに複数のローンカードに申し込んではいないでしょうか。

また、実際にはお金に困っていなくても、キャンペーンのキャッシュバックを受けることを目的として複数のローンカードに申し込む人もいます。

ですが、どのような理由であっても立て続けにローンカードに申し込むことは賢明ではありません。

なぜなら、短期間のうちに複数のローンやキャッシング、クレジットカードなどに申し込むと、かなりお金に困っている人であるとみなされ、審査に通らなくなってしまうからです。

いわゆる「申込ブラック」による審査落ちとなるわけです。

こういったローンの申込履歴や申込情報は個人信用情報センターに登録され、多くの金融会社が審査の判断材料として確認できるシステムになっています。

「申込ブラック」と判定される基準は「1ヶ月以内に3社以上の審査を受けている」というものです。

「申込ブラック」とみなされてしまう状態になると、ローンカードだけではなくクレジットカードや住宅ローンの審査にまで通らなくなる可能性も出てきます。

安定した収入があり、他社からの借入もなく、これまでに返済遅延の経歴もないのに「申込ブラック」だと判定されて審査に落ちてしまうなんて悲しすぎますよね。

そんな事態を避けるために役立つサイトが「キャッシングくらべる君」です。

「くらべる君」は匿名で簡単な項目を入力するだけで、複数の金融会社の融資条件を即時に提示してもらえる簡易審査サービスです。

「くらべる君」の最大の魅力は個人信用情報に申込記録が残らず「申込ブラック」になる心配がないことです。

また、簡易審査の結果は一括で表示されますから、自分に有利な融資条件の金融会社を比較しながら選ぶことができます。

これからローンカードに申込をしようと思っている人は「当たって砕けろ」精神で立て続けに複数のローンカードに申し込むのではなく、安心便利な「くらべる君」を活用して、事前に自分にマッチした金融会社を選びましょう。

ローンカードの審査を受ける際に気をつけたいポイント

急な出費の時に頼りになるローンカードですが、お金を借りるためには審査に通る必要があります。

審査に落ちても、その理由は本人に知らされることはありません。

ですから一度でもローンカードの審査に落ちると、次にローンカードに申し込むことを不安に感じるのも当然です。

そこで、審査に落ちてしまう4つの理由と、審査を受ける際に気をつけたいポイントをご紹介します。

まず1つめの理由は「借りすぎている」ということ。

貸金業法下で運営している消費者金融は、年収の1/3までしか貸付をしてはいけないという総量規制の制限を受けています。

ですから、ローンカードの審査を受ける時点で、すでに年収の1/3以上の借入残高があれば、消費者金融の審査には通りません。

審査を受ける前には自分の借入残高を確認し、すでに借りすぎているなら無駄な審査は受けないようにしましょう。

というのも、落ちることがわかっているのに審査を何度も受けると「申込ブラック」になる危険性もあるからです。

これが審査に落ちる2つめの理由です。

申込ブラックとは、短期間に3件以上のローンなどの申込をしたという履歴が個人信用情報センターに残ることを言います。

貸金業者は、この信用情報を参考にして審査をするのですが、申込ブラックの情報は、その人がお金に切羽詰っている証拠と理解され審査に落ちてしまうのです。

また、3つめの理由として「過去3ヶ月以内にクレジットカードや他の消費者金融などの支払いが遅れている」場合も審査に通りません。

ですから、審査を受ける前の数ヶ月は特に支払いの遅れがないように気をつけましょう。

さらに、消費者金融が審査をする目的は、この人にお金を貸した場合に、きちんと返済をしてくれるかどうかを判断することです。

その判断材料として、年収・借入金額・借入件数・勤続年数・居住年数などの申告が求められるのですが、ここで「ウソの申告をしたり、意図的ではなくても間違った申告をしてしまった」場合も審査に通りません。

これが4つめの理由です。

この申告を通して貸金業者が見ているのは単に数字だけではありません。

ウソをつくような人であれば「信頼できない」と判断されますし、自分の借入額を把握できていないような人は「計画性のない人」と判断され、たとえ数字上の条件に問題がなくても審査に落ちる場合があるのです。

ですから、申込の際には正直に、正確に申告するように注意しましょう。

ローンカードでよくあるトラブルのあれこれ

急なお金が必要になった、手持ちのお金がないなどお金に関するトラブルは予期せぬところから起こりがちです。

そんな場合は、ローンカードでキャッシングを申し込む方法もありますが、ローンカードに関するトラブルに困っている人がたくさんいます。

確かにローンカードは一定基準を満たせばすぐに融資を受けることができるため、急にお金が必要になった場合にはとても便利です。

しかも、審査がそこまで厳しくないローンもあるため、収入の少ない人でも借りることができます。

ローンカードの中には専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば一定金額まで融資可能なものもあります。

気軽に融資を受けられるからといって、お金を借りているとさまざまなトラブルで困ることになりかねません。

ここではローンカードでよくあるトラブルのあれこれについて紹介します。

消費者金融はさまざまですが、中には闇金業者がいるのも事実です。

闇金業者は違法な高金利でお金を貸し、高い金利で儲けています。

2010年に改正貨資金金業法が完全施行されてから、闇金はますます増加しているといわれています。

法律が改正されてから通常のローンを組むことができなくなった人が闇金に手を出してしまうケースが相次いでいるのです。

闇金から融資を受けると、多くの場合は高金利に苦しめられ、借金がなかなか減らずに多重債務を抱えてしまうことになります。

借金を返済できたとしても、闇金業者は執拗に勧誘してくることもあるため、利用しないのが鉄則です。

多重債務を抱えてしまい、借金の返済ができなくなってしまった場合は債務整理をすることになります。

司法書士や弁護士に依頼し、任意整理や特定調停、酷い場合は自己破産手続きを行います。

司法書士や弁護士への依頼料は高額なため、債務者にとってはさらなる負担になります。

こういった状況に陥らないためには、できるだけローンカードを利用しないですむように日頃からお金の管理を徹底するようにしましょう。

ローンカード利用に関するよくある質問について

急な出費やアクシデントでお金が必要になった場合に便利なローンカードはごく一般的なお金を借りる方法の一つであります。

ローンカードとは、クレジットカードやキャッシュカードなどを使って一定の限界な金額のキャパ内で自由になんどもお金を借りることができるカードです。

ローンカードは窓口に直接出向いて利用もできますが、ATMやキャッシュディスペンサーで借りることができます。

返済方法は分割支払いが一般的で、消費者金融系のローンカード、カード会社のローンカードがあります。

ローンカードを始めて利用する人は何かと不明点があることだと思います。

ここではローンカードの利用に関するよくある質問についてお答えします。

まずは「誰でも申し込み可能ですか」という質問です。

18歳以上60歳未満で安定した収入がある人であれば問題なく申し込みできます。

専業主婦の方は配偶者が安定した仕事に就いていれば融資可能です。

次に「返済ができなくなった場合はどうすればよいか」という質問です。

まずは借りているローン会社に相談しましょう。

直接店舗に行って相談するのが確実ですが、難しい場合は電話相談窓口を利用します。

複数のローン会社から融資を受けている場合は、国民生活センターの相談窓口を利用するとよいでしょう。

返済が本当にできない状況に陥ってしまったら、司法書士や弁護士に介入してもらい債務整理を行います。

しかし、債務整理を行うと一定の年数で新たな借入やローンが組めなくなったり、ブラックリストに名前が載るためデメリットが大きくなりますし、手間と時間がかかります。

債務整理に関しては慎重に行うようにしましょう。

ローンカードは簡単な操作でお金をすぐに借りれてとても便利です。

便利だからと言って繰り返しお金を借り続けていると返済ができなくなります。

ローンカードを利用しなくてもすむように普段からお金の管理を徹底し、できるだけやりくりするように心がけましょう。

ローンカードにお世話にならないですむ方法

ローンカードではクレジットカードやキャッシュカードで、一定の限度額の範囲内であれば自由に繰り返しお金を借りることができます。

借入は直接窓口でも可能ですし、ATMやキャッシュディスペンサーでも借入できるため、人に見られたくない人でも安心してお金を借りることができます。

さらに返済方法は一括払いではなく、分割払いのケースが多いため、毎月高い金利を支払いながらリボ払いをするようになります。

ローンカードは銀行系ローン、消費者金融系ローン、カード会社系ローンと大まかに分けて3種類あります。

どのローンも返済プランをきちんと立ててお金を返していかないと、返済ができなくなり多重債務に苦しむようになります。

金利も高く設定されているローンがあるため注意が必要です。

ローンカードにお世話になると、高い金利を含んだ返済をすることで毎月の生活が苦しくなることがあります。

しかも、クリック一つの簡単操作で審査が甘く即日融資してくれるローン会社もあるため、ついついお金を借りている危機感が薄くなりがちです。

できることならローンカードを使わなくてもよい状況でいたいと願うのはごく自然なことでしょう。

借金をする必要がない状況にするには、まず自分が努力することです。

収入を増やして、支出を減らすこと。

とてもシンプルですがこれが一番の近道なのです。

収入が少ないならばアルバイトなど副業にチャレンジする。

支出を減らすには家計を見直して、出費を減らせる項目は減らすことです。

アルバイトは職場によっては規制されていることもあるため、事前に確認するようにしましょう。

家計の見直しでは、大きな出費になりやすい家賃、保険料、交際費などから見直し、食費や光熱費、外食費など生活費もチェックしていきます。

これまで無駄をしていたことを改め、節約を心がけるのです。

収入と支出のバランスが取れるようになれば、ローンカードにお世話にならなくても生活ができるようになるのです。

ローンカードの利用で苦しむアメリカの学生達

アメリカで大学進学をする際に多くの学生がローンカードや国の教育ローンを利用し学費をまかなうといわれています。

裕福な家庭で育った人はローンを組む必要はありませんが、アメリカでは18歳になったら大人と見なされ、自立して生活することを求める親が多いのです。

しかし18歳で大学の費用をまかなえる資金を持っている学生はほとんどいなのが現実です。

しかたがなくローンを組むことになりますが、学費をローンでまかなうにはそれなりの金額を借り入れることになります。

国の教育ローンやローンカードはローン会社によって審査基準や金利が異なりますが、一般的に金利はそれほど低くはありません。

大学時代にローンでお金を借りた学生は4年後に夢と希望に満ち溢れながら多額の借金を抱えて卒業するのです。

数年前のリーマンショックやアメリカ経済の低迷で、大学を卒業しても就職できない学生が年々増加しており、アルバイトで生計を立てるしかない若者も多くいるのです。

満足できる仕事を得ることができないと、教育ローンも返済しにくくなります。

現在アメリカでは多くの若者が多額の教育ローンを抱えたまま、支払うことができずに長期で延滞している人が増えているのです。

借金の返済に苦しいために自己破産申請をしたとしても、アメリカでは学生ローンや教育ローンは免除されないのです。

何度も何度も破産申請しても学生ローンだけは残ってしまうため、なんとか返済し続けるしか選択肢がないのです。

60歳になっても学生ローンや教育ローンを延滞している人が約200万人もいるアメリカでは、社会問題にもなっています。

借金大国アメリカの借金を増加させ続けている要因の一つにもなっている学生のローンは今後も増え続けるため、オバマ政権では改革を求められているのです。

教育制度そのものを変え、学費の心配をすることなく教育を受けれる時代がやってくるのを心待ちにしている人は多くいることでしょう。

ローンカードと消費者金融の違いとリボルビング払いの危険性

ローンカードは銀行やクレジットカード会社が発行している融資サービスで、大きな買い物やレジャー資金などまとまった用途で利用されています。

消費者金融と異なる部分としては、消費者金融は短期での利用を想定されており、フリーターなど雇用が不安定な者を対象とした融資サービスであるのに対し、ローンカードは安定した一定の収入がある者。

つまり、定職に就いている人に長期的に利用されることを対象としており、審査面では、消費者金融よりもハードルが高くなってしまい、気軽にローンカードを発行できるものではありません。

その為、ローンカードは金利が消費者金融より10%安く500万円までローンを組むことが出来る特徴があります。

返済方法としてはリボルビング払いが一般的で、借入額が増えても返済する期間が長くなるだけで、月々の返済額が変わらないと言うメリットがある一方で、返済額が分かりにくく利息の多さが分かりづらい状態になるという危険性も潜んでいます。

その為、自己管理の問題となりますが、多重債務になりやすい性質があり、ローンカードの利用が増えれば増えるほどその危険が付きまとうと言うことになります。

これは消費者金融カードもリボルビング払いでの返済となるので、同じことが言えます。

他の返済方法としては。

毎月の返済額を一定にして返済計画を立てたり、元金均等方式で残金に応じた利息となるので、残金が多い当初は利息は大きくなりますが、残金が減るにつれて利息も軽減されるという返済方法もあります。

原則としては事業資金としてローンカードの利用は認められていませんが、個人事業者向けにビジネスカードとしてローンカードが作られており、個人事業者や中小企業の経営者向けに低金利で数日間だけ借りると言ったビジネスシーンでの用途を想定されているのが特徴となります。

なので、取引先の急な入金など数日間の繋ぎとして利用されることが多いローンカードとなるでしょう。

いつでも借り入れできる銀行系ローンカードについて

銀行系のローンカードとは、銀行が提供しているカードによるローンサービスのことです。

別名バンクカードとも呼ばれており、銀行から借りることができるため安心感と信頼感があります。

一定の限度額の範囲内であれば、自由に繰り返し借りることができるのが特徴で、窓口だけでなくATMやキャッシュディスペンサーで借り入れが可能です。

ローンカードの返済方法は一括払いではなく分割払いであることがほとんどです。

銀行系のローンカードは使い勝手がよく、銀行から借りるという安心感があるため多くの人が活用しています。

銀行系のローンカードは一般的なカードローンと比較しても金利が低く、借入限度額が多めに設定されています。

金利が低めなので、返済プランが立てやすいというメリットがありますが、すぐに借り入れがしたい人には向いていません。

ここでは銀行系ローンカードの使用が向かないケースについて紹介します。

銀行系ローンカードは他のカードローンと比べて審査のハードルが高く設定されています。

審査の内容として一般的なのが、年齢や年収、クレジットカードの利用歴と返済履歴、他でのローン履歴などが対象になります。

審査に時間がかかることがほとんどなので、即日融資してもらいたい場合には不向きです。

短期間で返済可能であればそこまで問題にはなりませんが、多額の借り入れをしてしまい返済が長期になる場合には注意が必要になります。

低めの金利設定とはいえ、それなりに金利がついています。

返済が長期間に渡ると、それだけ金利がつくため返済額が膨らむことにもなりかねません。

また、いつでも借り入れができる利便性から、つい借りてしまいがちですが、無計画に借りてしまうと返済できなくなり、最悪の場合は任意整理や自己破産をするようになります。

広告では利便性やメリットが前面に宣伝されていますが、便利さの裏に潜む多くのデメリットやローンカードの怖さを理解しておく必要があるのです。

お金を借りる方法の一つローンカードを利用する

ローンには、様々な種類がありますよね。

当然、家の購入を考えているなら、銀行に行って住宅ローンが組めるか相談します。

まあ、簡単ではないですけど、そうします。

また、車を買い換える、もしくは修理費が必要だ、こんな時、一括で現金で払うと少し安くしてくれるので、とりあえずマイカーローンが組めるかどうかを金融機関に相談します。

こんな感じで、目的別にその必要にかなったローンが存在していて、私たちの生活をかなり支えてくれています。

実際、ローンがなかったら、ほとんどの家庭が必要な物でも諦めて暮らします。

富裕層だけが得をする世界になってしまうわけです。

そして、その目的別ではなく、自分が使いたい時に使えるのがローンカードです。

これは一番便利です。

目的に縛られる事が一切ありません。

ローンカードさえ作れば、大体毎月リボルビング払いで何でも購入できます。

当然、限度額が決まっているので、その範囲内でと言うことになりますが。

つまり、毎月の生活費が足りない、とりあえず、急にお金が必要になったという時はすぐにこのローンカードを使用できます。

各金融機関が用意していて、自分のニーズに合わせて作る事が可能です。

例えば、金利を重視するなら、銀行系です。

低金利はやはり大きなメリットと成りえます。

銀行系は安心ですし、結構な額を使わないといけないのあれば、ここがオススメです。

しかし、その分、審査が普通のローンに比べて優しいとはいえ、銀行です。

ある程度、信頼を審査の段階で得ていないと難しいです。

そして消費者金融系のもあります。

消費者金融系の場合、限度額が少し低いのと、金利が高いというデメリットが存在していますが、月に少ししか借りないのであれば、こちらで十分です。

金利は借りる額に合わせて大きくなるからです。

そんなに借りないなら、審査が比較的通りやすく、お金の付き合いで割り切ってくれる消費者金融をオススメします。

ただ、どちらにしろ、借金です。

事前に賢く計画してお金を使うのが一番です。